試合日時 2017年4月22日(土)11時40分
場所 小矢部ホッケー場(富山)
大会名 第1日
対戦相手 駿河台大学 LADYBIRDS
Main image
コカ・コーラレッドスパークス

コカ・コーラレッドスパークス

駿河台大学 LADYBIRDS
2 1   Q 0
1 2   Q 0
2 3   Q 0
0 4   Q 0
5 TOTAL 0
延長
SO

メンバー

1 前田彩花
2 中尾明日香
3 西田奈央
4 浅井悠由☆
5 西村綾加☆
6 大田昭子☆
7 三橋亜記☆
8 田中泉樹☆
9 湯田葉月☆
10 笠原佳乃☆
11 菅原梢☆
12 加藤彰子☆
13 齋藤明日香
14 佐藤圭☆
15 辻井紫歩
16 山田明季
17 錦織えみ☆
18 江村佳歩
19
20
21
22

ダイジェスト

高円宮牌2017女子ホッケー日本リーグが17年ぶりに富山県で開催された。
今年の日本リーグも昨年と同様にクォーター制で実施。
試合時間は第1~4Q15分ずつの60分間で行われ、第1・2Qと第3・4Qの間に2分、第2・3Qの間に10分の休憩がある。
 

CCWレッドスパークスの第1日目の対戦相手は、駿河台大学LADYBIRDS。


【第1Q】駿河台大学のセンターパスで試合が開始された。 序盤から積極的に相手陣地に攻め込んだCCWレッドスパークスは4分、ペナルティーコーナー(PC)を獲得する。No.4 浅井のスイープヒットシュートにNo.16 辻井がフォアタッチで合わせ、レッドスパークスが先制点をあげる。
続く6分、右サイドサークル付近でNo.16 辻井が巧みなドリブルを見せ、No.7 三橋へと繋ぎ、三橋がリバースプッシュで確実に決め、2点目。
8分、アゲインを含め、3本連続でPCを得たレッドスパークスは追加点を狙うも、決めることができず。2点リードで第1Qを終える。

【第2Q】2分、No.10 湯田のシュートからPCのチャンスを獲得したレッドスパークスだが、相手ゴールキーパーの好セーブに阻まれてしまう。
6分、右サイドで相手DFからボールを奪い、混戦の中から抜け出したNo.16 辻井が落ち着いて得点を決め、相手をさらに引き離す。そのまま点は動くことなく、3-0で前半を折り返す。

【第3Q】前半の勢いそのままに、2分、レッドスパークスがPCを獲得。No.4 浅井のヒットシュートのリバウンドをNo.10 湯田が押し込み、4点目。
さらに7分、再びPCを獲得したレッドスパークスはNo.3 西田が左上にドラッグシュートを豪快に決める。
8分、左サークル付近からNo.10 湯田が速いリスタートからサークルに侵入。パスを受けたNo.7 三橋がヒットシュートでゴールを狙うが、枠を捉えることができない。

【第4Q】相手陣地でプレーを続けるレッドスパークスだが、大きなチャンスを作ることができず、時間だけが過ぎていく。
12分、左サイドから攻め込んだレッドスパークスはNo.16 辻井がゴール前にポジショニングを取っていたNo.13 加藤めがけてパスを出し、加藤が態勢を崩しながらも得点を狙うが、惜しくも決めることができず。
そして、試合は終了。結果、レッドスパークスは5-0で駿河台大学に勝利し、日本リーグ開幕戦を白星発進した。

試合経過

1Q  4分 CCWレッドスパークス(1-0)
得点 No.16 辻井紫歩
アシスト No.4 浅井悠由

 

1Q  6分 CCWレッドスパークス(2-0)
得点 No.7 三橋亜記
アシスト No.16 辻井紫歩

 

2Q  6分 CCWレッドスパークス(3-0)
得点 No.16 辻井紫歩
アシスト No.15 佐藤圭 

 

3Q  2分 CCWレッドスパークス(4-0)
得点 No.10 湯田葉月
アシスト No.4 浅井悠由



3Q  7分 CCWレッドスパークス(5-0)
得点 No.3 西田奈央
アシスト No.5 西村綾加

ゲームフォト

detail member
detail member
detail member
detail member
detail member
detail member
detail member
detail member
detail member
detail member