HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ラグビーを楽しむ チームの紹介
HOME
試合日程・結果
チームカレンダー
トピックス
チームの歴史
メンバー紹介
ラグビーを楽しむ
チームの紹介
2018年6月30日
春季プレマッチ vsリコーブラックラムズ
開催日時

2018年6月30日(土)13時00分K.O
リコー砧グラウンド

リコーブラックラムズ

会場
大会名
対戦チーム
対
前 半 後 半 前 半 後 半
3 1 T(5点) 1 2
2 1 G(2点) 1 2
0 0 P(3点) 0 0
0 0 D(3点) 0 0
19 7 7 14
26 合計 21
メンバー
1  田中⇒山下(大)⇒久原
2  中村⇒原山⇒川地
3  日比野⇒徳重⇒細野
4  川下⇒西村
5  Abbott
6  King⇒筬島
7  桑水流
8  山下(昂)
9  江頭⇒三股
10  南里
11  山本
12  山北
13  Tupe
14  星野
15  Park⇒西川
   
ダイジェスト
2018シーズン春季プレマッチ最終戦。砧グラウンドにて行われたリコーブラックラムズ戦。
気温が30度を超えるなか、レッドスパークスボールで13:00キックオフ。

先週に引き続き、先制点を取って、試合を優位に進めたいところ。

開始早々レッドスパークスが仕掛けた。
前半1分、相手がキックしたボールを南里がカウンターアタックを仕掛ける。
その後ラックから出たボールを外に展開し、最後はウイングで出場した山本が相手フルバックをかわし、トライ。Parkのゴールも成功し、7-0。
先制はレッドスパークス。

追加点が欲しいレッドスパークスは、
前半7分、自陣22mスクラムから外へ展開。バックスでオフロードパスでつなぎ、最後はサポートに来ていた山北が飛び込みトライ。Parkのゴールも成功し、14-0。

しかし、リコーも黙っていない。
前半18分、レッドスパークスが蹴ったボールをブラインドサイドへカウンターアタック。そのままトライを奪われる。ゴールも決められ、14-7。

7点差に詰められたレッドスパークスは、前半31分、敵陣15M中央付近スクラムから江頭が右に持ち込みオフロードで外へパス。そこに走りこんだのは、ここ最近ウイングでの出場が多い新加入の星野。コーナーぎりぎりにトライ。キッカーは南里に変わったが、ゴールは決まらず、19-7。

いい流れで前半は終了。

後半もレッドスパークスの流れで行きたいところだが、
後半開始早々、後半2分、相手ラインアウトから連続攻撃を受け、トライを奪われる。ゴールも決められ、19-14と5点差まで追い詰められる。

これ以上、失点したくないレッドスパークスだったが、
後半23分、再び、相手ボールラインアウトからディフェンスラインを突破され、トライを奪われる。ゴールも決められ、19-21。ついに逆転を許す。

このまま試合終了かと思ったが、後半42分、相手の連続攻撃の最中、山本がインターセプト。そのまま約40m独走し、トライ。逆転。南里のゴールも成功し、26-21で試合終了。

最後まであきらめない姿勢が逆転という形で終えることが出来た。
シーズン開幕まであと約2か月。
この春季に出た課題を克服し、開幕からいいスタートを切れるように選手・スタッフ一丸となって頑張りますので、引き続きご声援の程宜しくお願い致します。



 

ゲームフォト