HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ラグビーを楽しむ チームの紹介
HOME
試合日程・結果
チームカレンダー
トピックス
チームの歴史
メンバー紹介
ラグビーを楽しむ
チームの紹介
2018年6月2日
春季プレマッチ vs宗像サニックスブルース
開催日時

2018年6月2日(土)13時00分K.O
サニックス玄海グラウンド

宗像サニックスブルース

会場
大会名
対戦チーム
 
対
前 半 後 半 前 半 後 半
3 3 T(5点) 1 3
3 1 G(2点) 1 3
0 0 P(3点) 0 0
0 0 D(3点) 0 0
21 17 7 21
38 合計 28
メンバー
1  田中⇒久原
2  中村⇒川地
3  細野⇒徳重⇒日比野
4  筬島⇒星野
5  Abbott
6  木下
7  桑水流
8  豊田
9  三股⇒江頭
10  山崎
11  副島
12  山北
13  Joe
14  吉澤
15  Park
   
ダイジェスト
春季プレマッチ第2戦
今週の相手は同じ福岡に拠点を置く「宗像サニックスブルース」。
ここ最近勝つことができていないレッドスパークスは、ぜひ勝利して自信をつけたいところ。
試合は、サニックス玄海グラウンドにて13時にキックオフ!

まず先制は、レッドスパークス。
前半6分、敵陣5Mレッドスパークスボールラインアウトからモールを形成し、そのままフランカー木下がトライ!Parkのゴール成功7-0。

その後、前半8分、相手キックオフからボールをつなぎ、トライを奪われる。ゴールも成功。7-7と同点に追いつかれる。
さすが『福岡ダービー』。接戦になりそうな予感。

そして次に得点を追加したのは、レッドスパークス。
前半16分、相手ボールラインアウトが崩れ、木下がキャッチ。フォワードの連続攻撃が始まり、最後はロック筬島がボールをおさえ、トライ!Parkのゴールも成功し、14-7と再びリードする。
得点を追加し、さらにリードを広げたいレッドスパークスは、前半26分、相手ラインアウトをターンオーバーし、外に展開。吉澤が最後の敵をかわし、トライ!Prakのゴールも成功。
21-7とリードを広げる。
その後、ピンチな場面もあったが、吉澤など全員がハードワークし、相手に得点を許すことなく前半終了。

後半スタート。レッドスパークスとしては、最初に得点し、試合を優位に進めたいところだったが、後半4分、自陣10M相手ボールスクラムから相手が連続攻撃を仕掛け、トライを許す。ゴールも決まり、21-14と7点差に追いつめられる。
さすが『福岡ダービー』!!

しかし、そのまま黙ってられないのが、今年のレッドスパークス!
後半9分、敵陣22M付近から山崎から右にロングキックパス。そこに走りこんだのは、
吉澤。そのままトライし、Parkのゴールも成功。28-14となる。

そして、後半26分には、後半から出場の江頭のトライ(ゴール失敗)、後半32分には副島がトライ(ゴール失敗)をし、38-14とこの日最大の点差をつける。
ただ、このままでは終わらないのが『福岡ダービー』。
後半36分、後半41分と得点を重ねられ、最後は38-28でノーサイド。

最後に課題が残る試合となりましたが、勝利して反省が出来るのは、いいこと。
次週は、神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦。
総力戦になることは間違いなし。
次週も勝利を目指し頑張りますので応援宜しくお願い致します。
 

ゲームフォト