HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ラグビーを楽しむ チームの紹介
HOME
試合日程・結果
チームカレンダー
トピックス
チームの歴史
メンバー紹介
ラグビーを楽しむ
チームの紹介
2018年1月20日
ジャパンラグビートップリーグ2017-2018シーズン入替戦 vs
開催日時

2018年1月20日(土)11時30分K.O
ミクニワールドスタジアム北九州

三菱重工相模原ダイナボアーズ

会場
大会名
対戦チーム
対 三菱重工相模原ダイナボアーズ
前 半 後 半 前 半 後 半
1 3 T(5点) 2 1
1 1 G(2点) 2 1
0 1 P(3点) 0 2
0 0 D(3点) 0 0
7 20 14 13
27 合計 27
メンバー
1  田中⇒タキタキ
2  有田隆⇒原山
3  猿渡⇒日比野
4  アボット
5  川下⇒木下
6  キング
7  桑水流
8  山下昂⇒豊田
9  江頭⇒田辺
10  ラファエレ
11  吉澤
12  南里
13  石垣
14  八文字
15  ピータース⇒築城
   
ダイジェスト
1月20日(土)ミクニワールドスタジアム北九州で行われたジャパンラグビートップリーグ2017-2018シーズン入替戦。
相手はトップチャレンジリーグを勝ち抜いてきた三菱重工相模原ダイナボアーズ。
来シーズンもトップリーグで戦うためには勝利(引き分け含む)が絶対条件。

いいスタートを切りたいレッドスパークスであったが、ミスから相手にボールを奪われ前半3分にトライ&ゴールを許し0-7とされる。
動きが堅いレッドスパークスは不用意なペナルティなどでリズムを掴めず、前半13分に相手の連続攻撃を受けトライ&ゴールを許し0-14とされる。

点差を離されたくないレッドスパークスはようやく落ち着きを取り戻したのかグラウンド狭しとボールを動かし続け得意の連続攻撃。
そして前半17分にゴール前の密集からパスを受けた山下昂がインゴールに飛び込みトライを奪い(ラファエレのゴールも成功)7-14とする。

その後は攻守が目まぐるしく入れ替わる展開で得点は動かず7-14とリードを許し後半に。

追いつき逆転したいレッドスパークスは後半開始早々から相手陣に攻め込も得点が奪えない。
そして後半15分に自陣中央付近で相手にペナルティゴールを許し7-17とされる。

レッドスパークスも後半18分、相手陣でペナルティゴールをラファエレが冷静に決め10-17とする。
直後、相手選手にインゴールまで走られるが吉澤が執念のタックルでトライを防ぐ。このプレーでレッドスパークスは主導権を奪い返したい。
しかしその後も自陣での場面が続き、後半25分にスクラムから攻撃されトライ&ゴールを奪われ10-24とされる。

意地を見せたいレッドスパークスは後半29分にスローペースの展開から一転、ボールを持った吉澤が個人技で相手を抜き去りトライを奪い(ラファエレのゴールも成功)17-24とする。
しかし後半33分に自陣で相手にペナルティゴールを許し17-27とリードされる。

残り時間僅か、攻めるレッドスパークスは後半36分にラインアウトからモールを押し込み原山がトライを奪い22-27とする。
なおも攻めるレッドスパークス。しかし無情にも時間が過ぎていく。
そしてラストワンプレーで南里が思い切りよく走りインゴールまで駆け抜けトライを奪い27-27の同点としたところでノーサイドとなりました。
※リーグの規定により「同点の場合はトップリーグチームの残留」ということで、レッドスパークスのトップリーグ残留が確定いたしました。

本日は本当にたくさんの応援ありがとうございました。
温かいご声援のおかげで、来シーズンもトップリーグの舞台で戦うことができます。

しかし、目標は「TOP7」を掲げていただけに5年連続14位は不本意な結果のシーズンでした。
来シーズンこそ目標を達成できるように、会社、チーム一丸となって頑張りますので、今後ともコカ・コーラレッドスパークスラグビー部へのご声援をよろしくお願いいたします。
 

試合経過
【前半】
3分 三菱重工相模原 9.西舘健太 T 0 - 5
4分 三菱重工相模原 10.ダニエル・ホーキンス G 0 - 7
13分 三菱重工相模原 6.ダニエル・リンディー T 0 - 12
14分 三菱重工相模原 10.ダニエル・ホーキンス G 0 - 14
17分 コカ・コーラ 8.山下昂大 T 5 - 14
18分 コカ・コーラ 10.ラファエレティモシー G 7 - 14

【後半】
55分 三菱重工相模原 10.ダニエル・ホーキンス PG 7 - 17
58分 コカ・コーラ 10.ラファエレティモシー PG 10 - 17
65分 三菱重工相模原 20.ファイフィリ・レヴァヴェ T 10 - 22
66分 三菱重工相模原 10.ダニエル・ホーキンス G 10 - 24
69分 コカ・コーラ 11.吉澤太一 T 15 - 24
70分 コカ・コーラ 10.ラファエレティモシー G 17 - 24
73分 三菱重工相模原 10.ダニエル・ホーキンス PG 17 - 27
76分 コカ・コーラ 16.原山光正 T 22 - 27
77分 コカ・コーラ 10.ラファエレティモシー Gx 22 - 27
80分 コカ・コーラ 12.南里新 T 27 - 27
80分 コカ・コーラ 10.ラファエレティモシー Gx 27 - 27
 

ゲームフォト
写真提供:R&K SHINYASHIKI