HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ホッケーを楽しむ チームの紹介
HOME
試合日程・結果
チームカレンダー
トピックス
チームの歴史
メンバー紹介
ホッケーを楽しむ
チームの紹介
2018年4月22日
第6日
開催日時

2018年4月22日(日)13時10分
立命館OICフィールド(大阪)
第6日
ソニーHC BRAVIA Ladies

会場
大会名
対戦チーム
1 1 Q 0
0 2 Q 0
0 3 Q 1
1 4 Q 0
2 TOTAL 1
延長
SO
メンバー
1  前田彩花
2  中尾明日香
3  錦織えみ
4  浅井悠由
5  金藤祥子☆
6  大田昭子☆
7  田中泉樹☆
8  江村佳歩
9  湯田葉月☆
10  辻井紫歩☆
11  中村瑛香☆
12  加藤彰子☆
13  齋藤明日香
14  佐藤圭
15  松本夏波☆
16  山田明季
17  藤井美沙☆
18  河村元美☆
19  藤林千子
20  平原萌子☆
21  
22  
ダイジェスト
コカ·コーラレッドスパークスの第6日目の対戦相手は、ソニーHC BRAVIA Ladies。

【第1Q】コカ·コーラレッドスパークスのセンターパスで試合が開始された。
開始まもなく、ソニーに速いカウンターからサークル内に侵入され、危ない場面となるがシュートには至らず。
2分、相手のアウトレットからボールを奪ったレッドスパークスは、No.5 金藤がNo.19 河村へと繋げ、河村は相手DFをかわした後、倒れこみながらもシュートを打つが、枠を捉えることができない。
その後しばらく中盤での激しいボールの奪い合いとなる。
試合が動いたのは13分。右サイド23M内でパスを受けたNo.16 松本がドリブルでサークル内に入り、No.19 河村へ。河村はすぐさまリバースヒットシュートを放ち、ゴール前でポジショニングを取っていたNo.13 加藤がタッチで合わせ、レッドスパークスが待望の先制点を決める。


【第2Q】序盤からソニーペースで試合が進み、レッドスパークスは自陣でのプレーが続く。
4分、なかなかソニーの猛攻を抜け出せないレッドスパークスは中盤でボールを奪われカウンターを許し、ペナルティーコーナー(PC)を与えてしまう。1番騎のNo.11 辻井が粘りの守備を見せ、ソニーにシュートを打たせない。
5分、再びソニーのPC。相手のドラッグシュートが右上に決まり、失点したかと思われたがソニーの反則によりノーゴール。
11分、左サイドから攻め込まれたレッドスパークスはクロスボールを通され、リバースヒットシュートを打たれるもNo.12 GK 中村が好セーブ。
レッドスパークスが1点リードのまま前半を折り返す。


【第3Q】2分、左サイドで攻撃を組み立てたレッドスパークスはNo.8 田中がドリブルでサークル内に入り、PCを獲得する。No.18 藤井がドラッグシュートで追加点を狙うが、相手DFに阻まれる。
8分、ソニーに速いリスタートからサークルに入られたレッドスパークスはゴール前でダイレクトシュートを打たれるが、No.12 GK 中村が見事な反応を見せる。
しかし、終了間際にソニーにPCを与えてしまったレッドスパークスは、リバースタッチシュートを決められ、試合を振り出しに戻す。


【第4Q】3分、ソニーに高い位置でプレッシャーをかけ、ボールを奪ったレッドスパークスは、No.11 辻井がNo.17 山田へと繋げ、山田がサークル内で反則を奪いPCのチャンスを獲得する。No.18 藤井が力強いドラッグシュートを左下に決め、レッドスパークスが再び勝ち越す。
10分、ソニーに攻め込まれたレッドスパークスはヒットシュートを打たれるが、No.6 大田が好セーブ。
最後まで緊迫した雰囲気の中で行われた1戦は、結果、レッドスパークスが2-1で勝利。
これで6戦を終え、5勝1敗で勝ち点が15となったレッドスパークスは、ソニーと勝ち点では並んだが、得失点差で2位となった。
試合経過
1Q  13分 コカ·コーラレッドスパークス(1-0)
得点 No.13 加藤彰子
アシスト No.19 河村元美


3Q  15分 ソニーHC BRAVIA Ladies(1-1) 


4Q  3分 コカ·コーラレッドスパークス(2-1)
得点 No.18 藤井美沙 
アシスト No.10 湯田葉月
ゲームフォト