HOME 試合日程・結果 チームカレンダー トピックス チームの歴史 メンバー紹介 ホッケーを楽しむ チームの紹介
HOME
試合日程・結果
チームカレンダー
トピックス
チームの歴史
メンバー紹介
ホッケーを楽しむ
チームの紹介
2018年4月8日
第2日
開催日時

2018年4月8日(日)12時40分
日光市ホッケー場(栃木)
第2日
山梨学院 CROWNING GLORIES

会場
大会名
対戦チーム
0 1 Q 0
0 2 Q 0
0 3 Q 0
1 4 Q 0
1 TOTAL 0
延長
SO
メンバー
1  前田彩花
2  中尾明日香☆
3  錦織えみ
4  金藤祥子
5  大田昭子☆
6  田中泉樹☆
7  江村佳歩
8  湯田葉月☆
9  辻井紫歩☆
10  中村瑛香☆
11  加藤彰子☆
12  齋藤明日香
13  佐藤圭
14  松本夏波☆
15  山田明季
16  藤井美沙☆
17  河村元美☆
18  藤林千子
19  平原萌子☆
20  
21  
22  
ダイジェスト

コカ·コーラレッドスパークスの第2日目の対戦相手は、山梨学院CROWNING GLORIES。


【第1Q】山梨学院のセンターパスで試合が開始された。
5分、ロングコーナーでNo.15 佐藤からパスを受けたNo.20 藤林がサークル内へ強打を入れ、相手の反則を取りレッドスパークスがペナルティーコーナー(PC)を獲得する。No.8 田中からのパスにNo.13 加藤がリバースタッチで合わせるが惜しくも枠を捉えることができない。
9分、再びレッドスパークスのPC。しかし、得点に結びつけることができず。
12分、右サイドで攻撃を組み立てたレッドスパークスはNo.11 辻井、No.17 山田、No.13 加藤とテンポよくパスを繋ぎサークル内へ。ゴール前で加藤から絶好のパスを受けたNo.9 江村はダイレクトシュートで得点を狙うも山梨GKの好セーブに阻まれてしまう。
 

 

【第2Q】お互いに得点を奪うべく、激しい攻防戦が繰り広げられる。
3分、23Mセンター付近からNo.15 佐藤がリバースヒットでサークル内へ。チャンスボールとなるが、あと一歩のところで合わせることができない。
9分、山梨学院に攻め込まれたレッドスパークス。サークル付近のリスタートからヒットシュートを打たれそうになるが、No.21 平原が落ち着いた守備を見せる。
12分、23M内右サイドから速いリスタートでサークル内に入ったレッドスパークスはゴール前でNo.13 加藤がシュートを打つが、ポストに弾かれてしまう。
第2クォーターでも得点は動かず、0-0のまま前半を折り返す。

 

【第3Q】4分、山梨学院にロングパスを繋がれたレッドスパークスはサークル侵入を許し、危ない場面となるが、No.12 GK 中村がシュートをセーブしクリア。
6分、反撃に出るレッドスパークスはNo.20 藤林からサークル内でパスを受けたNo.11 辻井がPCを獲得する。しかし、ここでも得点を奪うことができない。
その後、山梨学院のPC。一番騎のNo.11 辻井がシュートの角度を変え、枠外へ。
一進一退の攻防が続く中、12分、レッドスパークスがPCのチャンスを獲得する。No.18 藤井がドラッグシュートで得点を狙うが、山梨DFに阻まれる。

 

【第4Q】立ち上がりに攻め込まれたレッドスパークスは山梨学院にPCを与えてしまうが、一番騎のNo.10 湯田が対応。
緊迫した試合が続く中、試合が動いたのは10分。右サイド23M内でパスを受けたNo.9 江村がリバースヒットでサークル内へ。相手DFとGKの間を抜けたボールにNo.13 加藤がダイレクトシュートで押し込み、レッドスパークスが待望の先制点を決める。
勢いにのるレッドスパークスは直後、No.16 松本がゴール前へクロスボールを打ち、No.19 河村が飛び込んでタッチシュートを狙うが、枠に飛ばすことができず。
そして試合が終了。レッドスパークスは1-0で山梨学院に勝利した。
これで2勝したレッドスパークスは勝ち点6となり、第1節終了時点でソニーに次いで2位の位置につけた。

試合経過
4Q  10分 コカ·コーラレッドスパークス(1-0)
得点 No.13 加藤彰子
アシスト No.9 江村佳歩
ゲームフォト